日本の小中學校は夏休み終盤、早い所では2學期が始まっており、「また、學校と塾の日々が始まるのかあ」と嘆いている子どもも多いことでしょう。一方、中國では「塾禁止令」ともいえる政策が7月下旬、政府から打ち出されたとの報道がありました。

日本中小學的暑假即將結束,有些學校早已開始了新學期,許多孩子感嘆“上學、補課的日子又要開始了啊”。另一邊,有報道稱中國政府於7月下旬推出了“禁止補課”的政策。

どのような政策なのでしょうか。中國社會情勢専門家の青樹明子さんに聞きました。

這究竟是一個什麼樣的政策?我們諮詢了中國社會形勢專家——青樹明子。

減少教育費用負擔 · 應對少子化

Q1中國政府這次提出來的究竟是一個什麼樣的政策?

青樹さん「中國では『雙減政策』、あるいは『雙減』と呼ばれています。雙減、つまり、2つを減らす政策で、子どもたちが通う『塾』と、學校で課す『宿題』にさまざまな規制をかけるものです。塾については特に厳しく、保護者と教育界に激震が走りました。

青樹:“這個政策在中國被稱為‘雙減政策’,或者‘雙減’。雙減,顧名思義就是減少兩個(東西)的政策,即給孩子們上的‘補習班’和學校留的‘作業’提出諸多限制。對補習班(的限制)尤為嚴格,這也給家長和教育界帶來巨大沖擊。

まず、學習塾の新規開業は認可しない。既存の學習塾は非営利組織として新たに登記させる。學習塾は上場できず、外國企業の參入も認めない。週末、祝日、夏休み、冬休みの授業は禁止。小學校入學前の塾も厳禁。インターネット授業も以前は屆け出制だったのですが、許可制になりました。

首先,不再承認新的學科類培訓機構。現有學科類培訓機構重新登記為非營利機構。學科類培訓機構不得上市,外資不得參股學科類培訓機構。禁止在週末、節假日、寒暑假上課。嚴禁學齡前學科培訓。網絡授課由以前的登記制變為許可制。

學習塾の先生たちは有名な國公立小中學校の教師によるアルバイトが多いのですが、塾がなくなると豊富な収入を得る場が失われます。これからは補講(學外授業)が見つかると解僱にもつながります。また、中國にもカリスマ的な塾講師もいたのですが、彼らは失業の危機にあるようです。

學科類培訓機構的老師大多由著名公立中小學教師兼職,培訓機構倒閉後,這些老師也就失去了獲得豐厚收入的機會。今後若是發現老師在補習(校外授課)便會被解僱。此外,中國還有許多優秀的培訓班教師,他們應該也面臨着失業危機。

中國では、學習塾が巨大なマーケットで大手企業が育っていました。それが突然、非営利団體にさせられたわけです。塾の費用はとても高いのですが、それでも親たちは捻出してきました。中國政府は『教育費が生む格差を是正する意図もある』としています」

在中國,學科類培訓機構的市場巨大,也孕育出一些大型企業。現在這些企業突然被迫轉為非營利機構。儘管補課費用高昂,但家長們還是努力籌措學費。中國政府希望此舉‘能夠縮小教育費用所帶來的差距’”。

Q2您説對於補習班尤為嚴格,那麼也請講一講它的原因和背景吧。

青樹さん「少子化対策の一環といえます。現代の中國では家庭の教育費の負擔がとても大きく、『2人目、3人目の子どもなんてとても無理』という親が多いため、その狀況を打破したいようです。中國は一人っ子政策を廃止しましたが、少子化傾向は続いています。

青樹:“這個政策可以説是應對少子化的一環。當代中國家庭的教育費用負擔巨大,許多家長認為‘承受不了二胎、三胎’,國家則希望能打破這種局面。雖然中國已經廢止了計劃生育政策,但是少子化的走向仍在持續。

私の友人の中國人は『住宅費と教育費の問題を解決しないと子どもを安心して産めない』と話しています。金持ちは金持ちなりに教育費を出し、低所得者も低所得者なりにお金をかけるので、みんな負擔が大きいのです。政府は『子どもにお金と手間がかかりすぎている現狀を改めないと少子化は解決しない』と考えているようです」

我的中國朋友説‘如果不解決房價和教育費用的問題,就無法放心地生孩子’。有錢人按照有錢人的方式支付教育費,低收入者也按低收入者的方式花錢,大家的負擔都很重。政府認為‘如果不能改善目前為孩子花費過多金錢和精力的現狀,是無法解決少子化問題的’”。

Q3家長們的反應如何呢?

青樹さん「二極分化しています。ある親は『じゃあ、塾をやめよう』となったのですが、『塾が中止されても、學外教育はやめさせない』という親の方が多いです。ある母親は、雙減政策の前は毎日、娘の學校が終わると、塾に車で送る生活だったと話していました。その母親はメディアの取材で『雙減政策で負擔がなくなったのでは?』と問われ、『とんでもない!』と即否定。

青樹:“家長們現在兩極分化。有的家長認為‘那就不補課了’,但更多的家長則認為‘就算補課班暫停了,也還是會進行校外教育’。有位母親説在雙減政策之前,自己每天都會在女兒放學後開車送她去補課。媒體採訪這位母親,問她‘在雙減政策下,您認為負擔會消失嗎,’她立馬否定道‘怎麼可能!’。

Q4禁止補課政策會改變中國的教育嗎?

青樹さん「中國には『上に政策あれば、下に対策あり』という言葉があります。政府がどんなことを決めても、みんな対策というか、抜け道を考えるという意味です。中國では、學歴が人生を変えるといわれています。子どもたちは生まれたときから、いい大學に入るための運命の2日間、全國統一の大學入試『高考』を目指して猛勉強を強いられます。これが変わらない限り、いくら教育改革といっても変わりません」

青樹:“中國有句話叫‘上有政策,下有對策’,意思就是無論政府做出什麼決定,大家都會思考對策,另闢蹊徑。中國也常説學歷改變人生。孩子們從出生開始,便被逼着為了決定命運的那兩天——高考而努力學習,就是為了考入一所好大學”。如果不能從根本上改變(教育制度),再怎麼教育改革都無濟於事。

Q5那麼是不是這次的“雙減政策”實質上並沒有任何改變呢?

青樹さん「いいえ。私の個人的な見方かもしれませんが、10代、20代の若者たちが徐々に常識を変えていくのではないかと思います。スポーツの世界の話ですが、東京五輪の卓球競技で、日本人選手に敗れて號泣する中國代表の選手に『結果はどうあれ、あなたたちは中國の誇り』という聲が上がりました。

青樹:“並非如此。就我個人來看,10幾歲、20幾歲的年輕人們逐漸改變了常識。例如在體育方面,東京奧運會的乒乓球比賽上,中國代表隊因輸給日本而落淚,年輕人則紛紛表示‘無論結果如何,你們都是中國的驕傲’”。

2016年のリオ五輪では、水泳で決勝進出を決めた中國の女子選手にインタビュアーが『決勝でもっといいタイムを出せそうですね』と水を向けると、彼女は『私はこのレース(準決勝)で全力を盡くしたから満足です』と答えたのです。こうした反応は、過去の中國ではなかったことです。

2016年裏約奧運會上,進入游泳項目決賽的中國女子選手在採訪中面對‘看來你在決賽中能取得更好的成績呢’這種誘導性問題時,她則回答‘我在這次半決賽中已經用了洪荒之力了,已經很滿足了’。這種反應在中國前所未有。

『何がなんでも金メダル!』『中國が1番になるんだ!』という風潮が若者の間では薄くなっているようです。1990年代、2000年代生まれの若者が中國社會の中樞を佔めるようになると、教育の世界でも、科挙以來の學力を絶対視する伝統的な考え方が変わっていくかもしれません。若者たちが少しずつ、中國社會を変えていく可能性はあります」

“無論如何都要拿金牌!”“中國就得拿第一!”這種風氣在年輕一代身上已經越來越少見了。90後、00後的年輕人在逐漸成為中國社會的主力軍,那麼在教育界,自科舉以來將學習能力視為絕對的傳統思維或許也會發生改變。年輕人們可能會逐步改變中國社會。”

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:日本社會重視學歷輕視教育的根源是?