昨年10月の事故以來、活動を休止していた俳優の伊藤健太郎(24)が、9月28日発売の「週刊文春CINEMA!」にて“再始動対談”に臨んだ。対談相手は、主演作『惡の華』で監督を務めた井口昇監督。井口監督に対し、事故後の自粛生活や、演技の世界への復帰を決斷した経緯について、現在の率直な思いを明かしている。

自去年10月事故以來,停止活動的演員伊藤健太郎(24歲),在9月28日發售的《週刊文春CINEMA!》中進行了“重啓對話”。對談對象是執導其主演電影《惡之華》的井口升導演。 伊藤健太郎對於事故後的自肅生活、決定迴歸演藝界的經過,他向井口導演透露了現在坦率的想法。

「もう撮影があるわけではないのに…」

“明明已經不再有戲拍了……。”

伊藤は昨年10月28日、都內で乗用車を運転中にバイクと衝突し、現場を立ち去ったとして、翌日、自動車運転処罰法違反と道路交通法違反の疑いで警視庁に逮捕された(30日に釈放)。その報道を受け、出演を予定していたドラマからの降板が決定するなど、芸能活動は休止狀態に。そこから始まった自粛生活の中で、伊藤は何を思っていたのか。

去年10月28日,伊藤在東京都內駕駛轎車時與摩托車相撞後離開現場,次日因涉嫌違反汽車駕駛處罰法和道路交通法被警視廳逮捕(30日釋放)。受此報道影響,伊藤決定辭演原本預定出演的電視劇,演藝活動進入休止狀態。由此開始的自肅生活中,伊藤想了些什麼呢?

井口:「ニュースを見て、連絡をしたい気持ちはあったけれど、僕らが聲をかけないほうがいいと思っていた。」

井口:“看了新聞,雖然很想和他聯繫,但還是覺得我們不聯繫比較好。”

伊藤:「ご心配をおかけしました。自分の起こしたことで多くの方にご迷惑をおかけしてしまい、応援してくれていた人たちに失望や悲しみを與えてしまいました。生活もがらりと変わりました。それまで毎日、2本3本と台本に追われていたのに、何もなくなってしまった。」

伊藤:“讓您擔心了。因為自己的事情給很多人添了麻煩,讓支持我的人們失望和難過了。生活也發生了翻天覆地的變化。之前每天都在忙着拍2、3個劇本,現在卻什麼都沒有了。”

井口:「うん。」

井口:“嗯。”

伊藤:「朝ぱっと起きて、遅刻だと思って慌てるんですけど、ああないんだ、と気づく。そんなことが何日も続きました。もう撮影があるわけではないのに、それは分かっていても、心のどこかにはセリフを覚えなくちゃと焦る気持ちが殘っている。ぴたりと時間が止まって、このまま役者を続けられるのか、続けていいのかも分からなくなってしまった。」

伊藤:“早上一大早起牀,以為自己遲到了很慌張,但突然意識到並沒有戲要拍。那樣的情況持續了好幾天。明明已經沒有拍攝了,但是即使知道這一點,內心的某個地方還是殘留着必須記住台詞的焦急心情。時間突然停了下來,我也不知道自己還能不能繼續做演員,也不知道該不該繼續做下去。”

今年3月25日には不起訴処分が決定し、同日、伊藤は自身のSNSに直筆の謝罪文をアップした。また、6月には“復帰作”となる主演舞台の公演・配信が10月に決定したことを発表。「役者を続けられるのか、続けていいのか」と悩んでいた伊藤が復帰を決意した裏には、どんな気持ちの変化があったのか。

今年3月25日決定不起訴,當天,伊藤在自己的SNS上傳了親筆的謝罪文。另外,6月還宣佈了將於10月進行作為“迴歸作”的主演舞台劇的公演決定。一直在煩惱“能不能繼續做演員,不知道該不該繼續做下去”的伊藤決定復出的背後,心情發生了什麼樣的變化呢?

「役者復帰」を決めた理由

決定“迴歸演員”的理由

伊藤:「でも一方で、それでも応援して下さる方がたくさんいてくれるわけです。お手紙を下さったり、SNSでも勵まして下さった。井口さんはじめ『惡の華』チームの皆さんも、いろいろ批判されてしまうリスクがあるのに、発信して下さっていた。そういう皆さんにどうしたら応えることができるだろう、と考えていくと、自分にできるのはやっぱりお芝居しかないんです。それが役者を続けようと決めたいちばんの理由です。」

伊藤:“但另一方面,仍然有很多人支持我。給我寫信,還在SNS上鼓勵我。以井口先生為首的《惡之華》團隊的諸位,明明有着被惡評的風險,還是給我發了信。怎樣才能迴應這樣的大家呢?這麼想着,自己能做的果然只有演戲了。這是我決定繼續當演員的最大理由。”

井口:「起こしたことへの反省はもちろん、この1年近くの間に健太郎さんはものすごくいろいろなことを考えたと思うんです。その葛藤があって、ようやくここまで來たわけですね。」

井口:“對犯錯的反省自不必説,我想在這將近一年的時間裏,健太郎也想了很多事情。正因為有這樣的糾結,才會走到今天。”

伊藤:「映畫やドラマはよく観ていましたが、最初はいいなあ、羨ましいなあという感じです。コロナ禍でもあり、外出しにくい中で、僕は映畫やドラマにすごく勵まされました。エンターテインメントに救われたと、身をもって感じました。自分はすごく素敵な仕事をさせていただいていたんだと、あらためて思った。お仕事をいただいていたときの自分に、いま自分が思っているほどありがたいと感じていたか、と聞いたら自信をもっては答えられないだろうと。」

伊藤:“雖然經常看電影和電視劇,但一開始還是覺得很好,很羨慕。因為新冠疫情,我很難出門,但電影和電視劇給了我很大的鼓勵。我親身感受到了被娛樂拯救了。我再次意識到,自己做了一份非常棒的工作。如果問當時接到工作時的自己,是否能像現在的自己那樣感到感激,他恐怕無法自信地回答。”

現在は10月の主演舞台に向けて、しっかりと準備を進めているという。

據説為了10月的主演舞台劇,伊藤現在正在認真地做準備。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:伊藤健太郎涉嫌肇事逃逸被警方逮捕,造成兩人受傷。