「お笑い」と言えば漫才。「漫才」は、「漫才」と定着するまでに「萬歳」「萬歳」「萬才」などさまざまに表記されてきました。ここでは、その変遷から、関西のお笑いを中心に歴史をたどっていきます。

説到“搞笑藝人”,那便是漫才。它在定為“漫才”(這一名稱)之前,曾有過「萬歳」「萬歳」「萬才」等各種各樣的説法。那麼在這裏,我們將以關西的搞笑喜劇為中心,通過它的變遷追溯其歷史。

「萬歳」の誕生から吉本興業の始まり

從“萬歲”的誕生到吉本興業的開始

「萬歳」は平安時代後期より記録が見られ、宮中や大名宅などで新年を祝う言祝(ことほぎ)の芸能「千秋萬歳(せんずまんざい)」のこと。後に民家にも広がり、民家を回るものは室町末期に「萬歳楽」、近世に「萬歳」と呼ばれていました。大和萬歳、三河萬歳など、現在も各地で継承されています。

“萬歲”在平安時代後期就有記載,是指在宮中或大名宅邸等地慶祝新年的祝詞表演藝術“千秋萬歲”。後來擴展到民間,在民間巡迴的活動在室町末期被稱為“萬歲樂”,在近代被稱為“萬歲”。大和萬歲、三河萬歲等,至今仍在各地傳承。

萬歳は、扇を持って舞いながらことほぐ主役の太夫と、鼓を持って笑いを受け持つ才蔵の2人連れが基本。その後、萬歳は笑いを主とする芸能に変化し、才蔵が主役になっていきました。現在の漫才で言えば"ツッコミ"が太夫、才蔵が"ボケ"。扇もその後、才蔵の頭を張る小道具に変化します。

萬歲基本上是由拿着扇子跳舞的主角太夫和拿着鼓負責搞笑的才藏兩人組成。後來,萬歲演變成以笑為主的表演藝術,才藏成為主角。以現在的漫才來説,“吐槽”是太夫,才藏是“捧哏”。扇子也在那之後,變成了才藏頭上的小道具。

萬才(※「萬歳」の大眾芸能への変化により、便宜上、以降は「萬才」と表記)は江戸時代にはすでに生玉神社境內で興行化していました。萬才の興行化で成功したのは、明治時代の末、大阪千日前に出演した江州音頭の音頭取り玉子屋円辰です。卵の売買から音頭取りとなり、軽口や俄(にわか、即興芝居など)で人気の名古屋萬歳を習って融合。謎かけや物まねなどを取り込み、音頭と笑いが一體となる演芸を誕生させました。

“萬才”(※由於“萬歲”逐漸演變為大眾表演藝術,為了方便起見,下文用“萬才”表示)在江户時代就已經在生玉神社內盛行。而使萬才的演出獲得成功的,是明治時代末期在大阪千日前出演的江州領唱——玉子屋圓辰。從雞蛋買賣開始到成為領頭人,在俏皮話和即興表演中學習融合了大受歡迎的名古屋萬歲,還加入了猜謎和模仿等,誕生了領唱和歡笑融為一體的演藝。

1933年,大阪發跡的娛樂表演集團吉本興業將這種新類型的喜劇帶往東京,陸續將富有奇才的藝人收歸旗下,奠定了演藝王國的基礎。

エンタツ・アチャコの時代から2大興行會社の時代へ

從娛樂圈的時代到兩大演出公司的時代

昭和初期に人気を集めたのは、初代・桂春団治とエンタツ・アチャコ。エンタツ・アチャコはたった4年のコンビでしたが、後世に大きな影響を與えました。三味線も扇も持たず、芝居もせず、自然體の會話だけで笑いを取る斬新な舞台。背広を着て舞台に立った最初の演者であり、「きみ」「ぼく」と呼び合いました。

昭和初期最受歡迎的是初代的桂春團治和橫山Entatsu。橫山Entatsu雖然只搭檔了4年,卻給後世帶來了巨大的影響。不拿三味線,不拿扇子,也不演戲,(創造出了)只靠自然的對話來獲得笑聲的嶄新舞台。他們是第一個穿着西裝站在舞台上的表演者,並以“你”“我”相稱。


仕掛け人は、近代漫才の父と呼ばれる東京大學卒の漫才作家・秋田實。それまでは卑猥で低級な笑いだった話の內容を、家族で楽しめる「無邪気な笑い」に変えたのです。昭和8年(1933年)に誕生した伝説の「早慶戦」は、レコードとラジオという新しいメディアに乗り、エンタツ・アチャコの人気は全國區になりました。

設計者是被稱為近代相聲之父的畢業於東京大學的漫才作家秋田實。他將在那之前猥褻低級的笑料,變成了能夠和家人一同享受的“天真無邪的喜劇”。誕生於昭和8年(1933年)的傳説中的“早慶戰”,藉助唱片和廣播這兩種新媒體,使橫山Entatsu在全國範圍內廣受歡迎。

同年、吉本興業の橋本鐡彥総括部長の提案で、表記が「漫才」に統一されます。また、エンタツ・アチャコと並び、人気を呼んだ男女コンビがミスワカナ・玉松一郎。男性上位の社會の中で女性上位漫才の型を初めて作りました。

同年,在吉本興業總部長橋本鐵彥的提議下,將寫法統一為“漫才”。另外,與橫山Entatsu齊名的男女組合Miss Wakana和玉松一郎,在男性上位的社會中,首次創造了女性上位的漫才模式。


エンタツ・アチャコの近代漫才を作った時代は、映畫がトーキーとなり、大眾娯楽の第一人気となった時代でした。歌舞伎や新派の興行會社だった松竹が、映畫製作と配給に乗り出し、新設した新興キネマ演芸部で演芸興行を開始。東寶と組んだ吉本に対抗し、昭和14年(1939年)、大量の芸人を吉本から引き抜く事件が勃発します。

在橫山Entatsu創作近代漫才的時代,電影演變為有聲電影,成為大眾娛樂的首選。曾是歌舞伎和新派演出公司的松竹,開始涉足電影製作和發行,在新設的新興電影演藝部開始了演藝演出。為了對抗與東寶合作的吉本,昭和14年(1939年),爆發了從吉本手中挖走大量藝人的事件。

松竹から獨立した新興演芸と吉本興業、芸人はほとんどどちらかに組み込まれ、大阪には、拮抗し対立する2大興行會社が誕生しました。

從松竹獨立出來的新興演藝和吉本興業,藝人幾乎都被編入其中,在大阪誕生了旗鼓相當的兩大演藝公司。

第二次世界大戦以後から現在の「MANZAI」へ

從第二次世界大戰後到現在的“MANZAI”

2大興行會社のうち吉本興業は、戦災により、ほとんどの寄席を失いました。吉本興業は演芸から撤退、映畫興行を主軸にした経営に移行します。かたや松竹は、昭和22年(1947年)に戦災を逃れた道頓堀の映畫館を寄席としていち早く開場。戦後初の寄席・戎橋松竹に芸人が集中し、戦後の演芸復興が始まりました。NHKをはじめ民放ラジオも開局し、お笑い番組が次々と作られ大人気になりました。

兩大演藝公司中的吉本興業,因為戰爭損失了幾乎所有的演出場地,隨後退出演藝圈,轉向經營電影票房。另一方面,松竹於昭和22年(1947年)把倖免於戰爭的道頓堀電影院作為演出場地,並很快開幕。藝人集中在戰後最初的曲藝場戎橋松竹,開始了戰後的演藝復興。以NHK為首的民營廣播之聲也開播了,搞笑節目層出不窮,大受歡迎。

昭和33年(1958年)には千日劇場が開場。続いて松竹は、洋畫の映畫館だった道頓堀の角座を、1000席を超えるマンモス寄席として開場します。角座は芸人たちのひのき舞台となります。昭和31年(1956年)に歌謡ショーでデビューしていた"かしまし娘"も、角座で大きな人気を博していました。

昭和33年( 1958年)千日劇場開張。緊接着,松竹將能容納1000名觀眾的曾作為進口片電影院的道頓堀角座作為演出場地開場。 角座成為藝人們施展才華的舞台。 昭和31年(1956年)在歌謠表演中出道的“吵鬧女子”,在角座也非常受歡迎。

昭和34年(1959年)、吉本興業が演芸興行を再開します。吉本興業は芸人不足を埋めるため、テレビ局と提攜する方針を取りました。新人をテレビでスターにさせ、劇場へ出演させて観客を呼び、より人気を高めるという方法で成功したのです。

昭和34年(1959年),吉本興業重新開始演出。吉本興業為了填補藝人不足,採取了與電視台合作的方針。通過讓新人在電視上成為明星,到劇場演出來吸引觀眾從而提高人氣的方法獲得了成功。

昭和40年代半ばには民放ラジオの深夜放送をきっかけに、上方落語ブームが到來。笑福亭仁鶴や桂三枝ら若手落語家の人気が急上昇しました。ところが全國から演芸場に押し掛けた観客は、昭和45年(1970年)の大阪萬博をピークに去り、漫才は急激に低迷。昭和50年代には演芸場が次々と閉館しました。この時、漫才界で活躍していたのは昭和41年にコンビを組んだ橫山やすし・西川きよし。ボケとツッコミが交互に入れ換わる、スピード感あふれる新たなしゃべくり漫才で爆笑を得ていました。

昭和40年代中期,以民放台廣播的深夜廣播為契機,京阪落語熱潮來襲。笑福亭仁鶴和桂三枝等年輕單口漫才演員的人氣急劇上升。然而,從全國湧向演藝場的觀眾,在昭和45年(1970年)的大阪世博會達到頂峯後離去,漫才迅速陷入低迷。昭和50年代,演藝場接連閉館。此時,活躍在漫才界的是昭和41年組成搭檔的橫山安樂和西川清。逗哏和吐槽互相交替,充滿速度感的新穎漫才讓觀眾爆笑。

漫才の低迷を打開しようと、漫才の若手演者と漫才作家を養成する"笑の會"が発足。相談役に秋田實、その後、村長として藤本義一が引き継ぎ、昭和53年(1978年)に東京・紀伊國屋ホールで公演。翌年の公演で文化庁芸術祭の大眾芸能部門で優秀賞を受賞し、この東京公演から漫才ブームへと繋がるきっかけが生まれました。

為了打破漫才的低迷,培養漫才年輕表演者和漫才作家的“笑之會”成立了。秋田實擔任顧問,之後,藤本義一作為村長接任,昭和53年(1978年)在東京紀伊國屋大廳進行公演。第二年的公演獲得了文化廳藝術節的大眾演藝部門的優秀獎,本次東京公演也引發了漫才熱潮。

「漫才」から「MANZAI」へ。昭和55年(1980年)から2年間、テレビに乗って怒濤のような漫才ブームが起き、テレビはお笑い番組一色に。テレビと繋がり、お笑いを提供してきた吉本興業は、昭和57年(1982年)、吉本総合芸能學院(NSC)を設立。ダウンタウンらを世に送り出し、全國を席巻していきます。

從“漫才”到“MANZAI”。從昭和55年(1980年)開始的2年時間,電視上掀起了熱烈的漫才熱潮,清一色的都是搞笑節目。吉本興業與電視台相關聯,一直提供搞笑節目,昭和57年(1982年),成立了吉本綜合演藝學院(NSC)。將DOWN TOWN等搞笑藝人推向世界,紅遍全國。

長く続いた師弟制度は影をひそめ、漫才の會話のスピードはより速く、ネタもコント形式のものなど、低年齢化する観客に向けて多様な笑いに細分化され始めます。

持續了很久的師徒制度銷聲匿跡,漫才的對話速度變得更快,段子以短劇的形式出現,也開始面向低齡觀眾細分笑料。


21世紀の漫才は、これからも時代と共に変化していくでしょう。

21世紀的漫才,今後也會隨着時代的變化而變化吧。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:

日本網友超開心:德井義實正式迴歸《閒聊007》!