日本では、4月入學ですよね。しかし、世界を見てみると9月入學の國が多いようです。

日本是在4月開學,而就全球而言,大多數國家都是9月開學。

入學が9月になることで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

如果日本的開學時間也改為9月,會有哪些益處和弊端呢?

日本の入學が9月ではないのはなぜ?

為何日本開學時間不在9月?

江戸時代や明治時代初期のころ、子どもたちは家の仕事をする大切な労働力だったことや勉強の進み具合がそれぞれ異なったため、全員が一斉に入學したり進級したりすることはありませんでした。

江户時代到明治時代初期,孩子是家中珍貴的勞動力,再加上每個人學習情況各不相同,很難做到所有人一起開學一起升年級。

しかし、明治11年(1878年)に日本で最初の國立大學(現在の東京大學)ができると、西洋に倣(なら)って9月に全員が一斉に入學、一斉に進級したほうが良いということになり、9月が始まりで8月が終わりの「學校年度」が出來ました。

到了明治11年(1878年),日本首個國立大學(現東京大學)建校,於是開始效仿西方國家,學生在9月統一開學,並統一升年級,於是出現了9月開學8月放假的“學年年度”。

しかし、明治19年(1886年)になると「會計年度」というものが教育現場にも取り入れられるようになりました。

然而,明治19年(1886年)教育部門引入了“會計年度”。

「會計年度」とは、日本の主産業である稲作を基準としたもので、4月が始まりで3月が終わりです。

“會計年度”以日本主要產業稻子的生長週期為基準,即4月開始,次年3月結束。

會計年度がなぜ4月~3月なのかというと、この頃、政府の税金の収入源はお米でしたが、秋にお米を収穫して、そのお米を現金に換えてから納税するため時間がかかり、一年の始まりを1月にするには納税が間に合わず、4月にするとタイミングが良かったからです。

為何會計年度是4月開始,次年3月結束呢?當時,日本政府的税收來源是大米,但從秋季收穫大米,再將大米換成金錢納税是需要時間的,如果將1月作為會計年度開始的話很多人趕不上納税,4月開始的話時間剛剛好。

また、この頃世界一の経済力を誇っていたイギリスの會計年度が4月で、日本にとって重要な國だったイギリスに倣って會計年度を4月にしたそうです。

此外,英國是當時世界經濟水平最高的國家,它對日本來説也是非常重要的國家。由於英國的會計年度也從4月開始,因此日本也效仿了這一安排。

そして、明治の終わりごろになると、政府は會計年度と學校年度の統一を積極的に指導するようになり、國から補助金をもらっている學校は、運営に必要なお金を調達するには會計年度に合わせないと不便だったこともあり、次々に會計年度に合わせていきました。

明治末期,日本政府積極引導會計年度和學年年度的統一。學校從國家那裏得到扶持資金,這筆資金對學校的運營至關重要,如果不配合國家的會計年度就很難做到適當的資金調度,因此各大學校逐漸將學年年度改為了會計年度。

昭和になるとほぼすべての學校が4月に始まり3月に終わるようになっていたそうです。

昭和時幾乎所有的學校都是4月開學3月放假了。

世界の入學は何月?

全球各國幾月開學?

日本の入學を9月にするメリットとは?

日本改為9月開學有何益處?

留學しやすくなる

留學更方便

世界では9月に入學式をする國が多く、9月スタートは國際標準・世界標準ともいわれています。

世界上大多數國家都是9月開學,可以説9月開學已經是一個國際標準。

そのため、日本から海外へ、海外から日本へ留學する際、待機期間ができてしまうという問題がありました。

因此,無論是日本留學海外,還是海外留學日本,都會產生等待留學間隙的問題。

日本も9月スタートにすれば、留學しやすくなり、海外からも優秀な學生が集まり、日本の大學のレベルアップにつながるともいわれています。

若日本改為9月開學,留學就會更方便,能夠更好地吸納海外的優秀留學生,提升日本各個大學的水平。

入試の時期に雪が降らない

入學考試時不會下雪

4月スタートの現在、入試は冬に行われているため、雪の影響で交通機関が亂れることによって受験トラブルが起こっていますが、9月スタートになれば入試が春から夏に行われることになり、天候に左右されづらくなります。

目前,日本還是4月開學,那麼入學考試就會在冬天進行,雪天時各交通機構忙亂,容易在考試時間發生各種問題,如果改為9月開學,入學考試將在春夏進行,不容易被天氣影響。

入試の時期に感染症の心配が減る

入學考試季降低了對感染病的憂慮

冬はインフルエンザや風邪など感染症にかかりやすくなる時期のため、受験生やその保護者たちは普段以上に気を付けていますし、どれだけ気を付けても感染症にかかってしまうこともあります。

冬季容易感受病毒和感冒等感染病,考生和家長都必須格外注意,但無論再怎麼注意都有患病的可能。

しかし、9月スタートにして入試を春から夏に行えば、感染症の心配が減ることになります。

但是,如果將開學時間改為9月,春夏舉行入學考試的話,對感染病的憂慮就會降低。

日本の入學式を9月にするデメリットとは?

日本改為9月開學有何弊端?

就職の際、混亂が生じる

畢業就職容易發生混亂

日本では4月が年度初めであり、4月入社が一般的に定着しています。

在日本,4月是會計年度的開始,因此大部分公司都是4月開始入職。

それにあわせて學生も企業も準備をしているため、9月入學、8月卒業となると調整が必要になり混亂が生じるといわれています。

為此學生和公司也進行了充足的準備,若改為9月入學,8月畢業的話就需要各方做出相應的調整,容易發生混亂。

學校関係だけではなく企業などにもさまざまな変更を求めなければならなくなるのです。

不僅是校方,公司也必須要做出變更調整。

習慣が変わることへの心

習慣改變後的心理心態

入學式は桜のシーズンであり、春は別れと出會いの季節だというイメージが強く、3月に終わって4月に始まることは、多くの人の習慣になっています。

日本的入學儀式是櫻花盛開的季節,因此春天總是給人強烈的離別與相遇的畫面感,很多日本人的習慣都是3月代表結束,4月代表開始。

その習慣を変えることに対して國民の理解が得られるかどうかという聲があります。

因此也有聲音懷疑國民能否理解這一習慣的改變。

會計年度の調整

調整會計年度

國や自治體の會計年度は4月から3月で定着しており、學校の予算などは會計年度をもとに運用されています。

日本國家和各自治體的會計年度為4月到次年3月,學校的預算分配等項目也是配合着會計年度進行的。

學校が9月入學になると會計年度との調整が必要になってしまいま
す。

若學校改為9月開學,就需要調整會計年度。

明治時代の日本は、9月に入學式が行われていたのです。

明治時代,日本是在9月舉行入學儀式的。

しかし、現在の日本人は4月に入學式というのが當たり前ですし、桜の季節は出會いと別れの季節だというイメージも強いです。

然而,如今的日本人認為4月開學是理所當然,櫻花盛開的季節是相遇與別離的季節,這一印象也深入人心。

昭和のはじめから今までずっと4月入學だった日本ですから、9月入學に変更することはそう簡単にはいかないと思います。

自昭和起到現在,日本一直都是4月入學,如今想要改到9月並不是件易事。

どちらにしても、子どもたちや教育現場のことを最優先に考えて欲しいですね。

但無論如何,都應該優先考慮孩子的教育和各大教育一線。

相關閲讀推薦:

日本物價水平上升難,竟有這樣的“結構性問題”?

日本社會重視學歷輕視教育的根源是?